筋トレの効果はいつから出てくる?2~3ヵ月で出なかったら要注意

男性

筋トレ始めたんだけど一体いつになったら筋肉はつき始めるの?

筋トレを始めたての頃に気になるのは一体いつになったら筋トレの効果が出てくるんだろうということですよね。

こんなに頑張っているのに目に見えた変化がない。

そんなときこのまま筋トレを続けてても効果があるのか不安ですよね。

この記事を読むだけで筋トレの効果が出てくる目安と筋肉がつく仕組みが分かります!

さつば

さつば
筋トレ好き筋トレブロガー
筋トレの役立つ情報を発信しています

目次

筋トレの効果が出始めるのは2〜3ヶ月後

結論からお話すると、筋トレの効果が出始めるのは約2〜3ヶ月になります。

しかしこれはあくまでも目安。

年齢、運動頻度、運動強度、体質、元の体型、食事量などなどその人によって違います。

なので中には1ヶ月程度で目に見えて変化がある人もいるとは思いますが、基本的には2〜3ヶ月を目安に考えてもらえればいいと思います。

しかし、2〜3ヶ月経っても変化が見えないという方はなにかしら筋トレの仕方に問題があるかもしれません。

それはフォームが悪いのか、そもそもの強度、頻度が悪いのか原因はどこかに必ずあるので、なかなか変化が見えない場合は筋トレそのものを見直してみるのも良いでしょう。

他人に気づかれるほど目に見えた効果は約半年かかる

2~3ヵ月で筋肉がついてきた!と実感が出てきても周りから筋肉ついた?などと聞かれることはまずありません。

それは自分の体がせっかく行った筋トレの効果が

  • いつ出るのか
  • 前よりも変化はあったのか

と注意深く観察しているから気づきやすいだけであって、他の人からみたらその差は残念ながら感じとってはくれないでしょう。

しかし半年間きっちりと筋トレをこなしていると徐々にその変化に気づいてくれやすくなるので、根気強く継続することが大切です。

筋力がつくのは2週間から

見た目の筋肉で言うと約2~3ヵ月かかるという話でしたが、力の強さ。いわゆる筋力の面で見るとその効果は約2週間ほどで現れてきます。

筋肉に比べて比較的その違いに早く気付くのでモチベーションになるでしょう。

しかしその反面、筋力はついたのになんで筋肉はつかないんだろうと疑問から不安に変わることもあるでしょうが、忘れてはいけないのは「筋肉がつくまでには時間がかかる」ということです。

筋肉はすぐにつく訳ではない

このことからも分かるように筋肉は数日で、すぐについてくるという訳ではありません。

厳密にいうと筋肉自体はつくのですが、見た目でわかるほど、もっというと他人から見て変化がわかるほどになるまではかなり時間がかかります。

続いての項目でなぜ筋肉はすぐにつかないのかについて解説します。

なぜ筋肉がつくのに時間がかかるのか

ではなぜ筋肉がつくのに時間がかかるのかについてもご説明します。

筋肉がつくメカニズムですが

  1. 筋トレをする
  2. 筋繊維が傷つく
  3. 傷ついた筋繊維が修復される
  4. 筋力がついてくる
  5. 元の筋肉よりも大きく成長する

筋肉がつくにはこの5つのサイクルを経る必要があります。

このサイクルを何回も何回も繰り返すことで、少しずつ筋肉を大きくしていきます。

なので筋肉は短期間でつけることが難しいのです。

くわしくはこちらの記事で解説しています。

筋肉がつきやすい人とつきにくい人の違い

同じ筋トレをしていても筋肉がつきやすい、筋肉質な人と全く筋肉がつかないという非筋肉質な人がいるのも事実です。

なぜそのような違いがあるのか、考えられる要因は以下の2つです。

  • 遺伝的に優れているかいないか
  • 体内の栄養素が十分であるかいないか

それぞれ見てみましょう。

遺伝的に優れているか

まず最初に挙げるのが遺伝。

そうです、才能です。

残念ながら生まれつきの筋繊維の数や、ホルモンの量によって筋肉のつきやすさというのはある程度決まってしまっているところがあるのです。

男女で筋肉のつきやすさに違いがあるように、同じ性別だったとしてもそれは例外ではないのです。

しかし遺伝的に優れていないから全く筋肉がつかないのかと言われればそうではありません。

ちゃんとした知識とトレーニングを行えば筋肉は必ず付きます。

その筋肉をつけるためのノウハウを詰め込んだ記事もあるのでぜひ一度目を通してみてくださいね。

体内の栄養素が十分であるか

筋肉は筋トレをしたらつくというような単純なものではありません。

それは筋トレで傷ついた筋繊維を回復させるための栄養が体内に十分になければいけないからです。

その栄養というのはタンパク質のこと。

実際やせ型の人は体内のタンパク質が不足しているケースがほとんどです。

タンパク質が不足していると筋肉がつかないばかりか、もとある筋肉を分解してエネルギーに変えようと働いてしまうことも珍しくありません。

そうなってしまうとせっかく筋トレしたのに、筋肉量が減ってしまったという事態になりかねません。

その解決策としてはプロテインを飲むことです。

こちらの記事ではおすすめのプロテインを紹介しているので、どれだけ頑張っても筋肉がつかないと悩んでいる方は一度目を通してみてはいかがでしょうか。

筋トレの効果が出るまで3ヶ月も待てない?

筋トレをする理由は様々ですが、変化を感じるまで3ヶ月も待たないといけないと言われると長い!と感じる人も多いでしょう。

夏までに必ず10キロ痩せたい!

2ヶ月後の結婚式までにせめて5キロ落としたい!

このように明確な期間が定まっているけど時間が足りないという場合もあるかと思います。

しかし、自力でのトレーニングではやはり難しいものがあります。

そうならないためにも早めの行動をと言いたいですが、どうしてもという方にはパーソナルトレーニングをおすすめします。

パーソナルトレーニングではプロのトレーナーさんがマンツーマンで指導してくれるので、トレーニング質はもちろん食事管理、メンタル維持など大きな手助けをしてくれます。

値段ははりますが、向こう数十年も人生が変わると思ったら汚い話お金で解決出来るなら安いのではないでしょうかり?

本当にどうしても!と言う方はパーソナルトレーニングも検討してみるのもおすすめですよ。

筋トレを継続して行うために大切なこと

筋肉をつけるのには時間がかかるということがお分かり頂けたかと思います。

では、筋肉をつける1番の近道はなにかというと継続して行うということです。

地道に決めたメニューを真剣にこなしていると必ず結果はついてきます。

しかし、なかなか効果が見えてこないと筋トレのモチベーションを維持するのも難しいと思います。

そこで重要になってくるのは筋トレを楽しむということです。

見た目はなかなか変わりませんが筋力は比較的早くについてきます。

昨日挙がらなかった重量が今日は挙げられた!

これだけで喜びや達成感が得られます。

昨日の自分より強くなるというのは楽しいことですよ?

筋トレをすること自体に喜びを見出せると自ずと2ヶ月、3カ月と継続することが出来ると思います。

筋トレの効果はいつから出るのかについてのまとめ

筋肉はその仕組み上なかなかつかないということがわかりました。

筋トレの効果が出るまでの目安は2~3ヵ月

筋トレに関わらず何事も根気強く取り組むことが大事ですね。

筋肉は裏切らないという言葉があるように、筋トレを真剣に継続することで必ず成果が出てきます。

理想の自分目指して頑張りましょう!

当サイトで使用中のWordpress有料テーマです

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

筋トレとカラオケが趣味な22歳。
毎日21時に新記事を投稿しています。
このブログでは筋トレを中心とした雑記ブログです。

コメント

コメントする

目次
閉じる