【2020年度版】おすすめのプッシュアップバー4選【選りすぐり】

自宅でトレーニングをしようと思った時にあると便利なのが、ダンベルなどのトレーニング器具ですよね。

ダンベル、腹筋ローラーなどは定番なので知っている方が多いと思いますが、今回はプッシュアップバーというトレーニング器具を紹介します。

さつば

さつば
筋トレ好きの筋トレブロガー
筋トレ初心者に向けて役立つ情報を発信しています

おすすめのダンベルを紹介した記事はこちらから

目次

プッシュアップバーとは

プッシュアップバーとダンベルと腹筋ローラー

そもそもプッシュアップバーとはどのようなトレーニング器具なんでしょうか。

プッシュアップとは腕立て伏せという意味です。

つまりプッシュアップバーとは腕立て伏せの効果をさらに高めてくれるトレーニング器具というわけですね。

プッシュアップバーで鍛えられる筋肉

プッシュアップバーで鍛えられる主な筋肉は以下の4つです。

  • 大胸筋
  • 上腕三頭筋
  • 背筋
  • 大胸筋

プッシュアップバーで鍛えられる筋肉:大胸筋

たくましい胸板を作るために必要な筋肉。

上半身の中でも一番大きい筋肉になるので、周りにアピールするのには最適です。

効果が出るのが早いという特徴もあるので鍛えていて楽しい筋肉ではないでしょうか。 

プッシュアップバーで鍛えられる筋肉:上腕三頭筋

上腕三頭筋とは二の腕にある筋肉のことを指します。

かっこいい腕を作るためには力こぶの上腕二頭筋を鍛えるといいというイメージがあると思います。

しかし本当にかっこいい腕を作るためには上腕三頭筋を鍛えることをおすすめします。

その理由としては、上腕三頭筋が腕の筋肉の中で一番大きな筋肉だからです。

一番大きな筋肉をつけることで、見た目もより変化するので、腕を鍛えるなら上腕三頭筋を重点的に鍛えるとよいでしょう。

プッシュアップバーで鍛えられる筋肉:背筋

プッシュアップバーで腕立て伏せを行うと、背中の筋肉である背筋も鍛えることが出来ます。

背筋を鍛えることで、

  • 姿勢の改善
  • 腰痛予防
  • 肩こり予防

などのメリットがあります。

背筋を鍛えて姿勢や体の不調を予防していきましょう。

肩こり・腰痛に効くインソールはこちら

プッシュアップバーを使うメリット

プッシュアップバーを使って筋トレをする女性

プッシュアップバーを使用するメリットは様々あります。

  • 可動域を広く取ることが出来る
  • 普通の腕立て伏せよりも大きな負荷をかけることが出来る
  • 手首を痛めにくい

それでは一つずつ見ていきましょう。 

プッシュアップバーを使うメリット1:可動域を広く取ることが出来る

筋トレにおいて可動域の広さは筋肉をつけるうえで重要になってきます。

可動域が広ければ広いほど、筋肉へのダメージが大きくなるので筋肥大もしやすくなるというわけですね。

プッシュアップバーを使うことで、普段は床につくぐらいまでしか使えなかった可動域を広げることが可能です。

可動域が広がることで、普段使うことのない筋肉を刺激することも出来ますよ。

プッシュアップバーを使うメリット2:普通の腕立て伏せよりも大きな負荷をかけることが出来る

可動域を広く取ることが出来ることによって、筋肉への刺激がより大きくなるという話をしましたね。

このように、よりたくましい筋肉をつけたい方にはプッシュアップバーは必須と言えるでしょう。

プッシュアップバーを使うメリット3:手首を痛めにくい

普通の腕立て伏せでは床に対して、手のひらをビタつけにします。

その際に手首に負担がかかり、痛める危険性があるのです。

しかしプッシュアップバーを使うとグリップを握ることになるので、手首への負担が大幅に減ります。

もし腕立て伏せをしていると手首が痛くなってしまうという方はプッシュアップバーを試してみてはいかがですか?

プッシュアップバーの選び方

オレンジと黒のプッシュアップバー

一口にプッシュアップバーといっても、その特徴や価格は様々です。

そこでプッシュアップバーを選ぶ際に参考にしてもらいたいところをまとめてみました。

プッシュアップバーの選び方1:グリップの素材

プッシュアップバーを選ぶ際にはグリップの素材に注目してみましょう。

グリップには体重の負荷がかかるので、硬い素材だと手を痛めてしまうかもしれません。

そのため、なるべく柔らかく厚い素材を選ぶようにするといいでしょう。

プッシュアップバーの選び方2:床で滑らないか

グリップの脚の素材によっては、プッシュアップバーを使用した時にグラグラと滑ってしまう可能性があります。

そうなると狙った部位にしっかり効かないだけでなく、怪我に繋がる危険性も。

プッシュアップバーを選ぶ際は滑り止めの有無や床と触れるところの素材にも注目してみましょう。

プッシュアップバーの選び方3:グリップの傾斜

プッシュアップバーには、グリップが水平なものと傾斜があるものがあります。

傾斜がある方が筋肉により大きな負荷をかけられるので、筋トレ中級者以上におすすめです。

水平と傾斜、持ちやすさは人それぞれなので、初心者の方は実際に触れるのなら、持ちやすい方を選ぶようにしましょう。

【2020年度版】おすすめのプッシュアップバー4選

プッシュアップバーの選び方が分かったところでおすすめのプッシュアップバーをご紹介します。

ぜひ購入の参考にしてみてくださいね。

おすすめのプッシュアップバー①ボディテック(Bodytech) プッシュアップバー

始めに紹介するのはボディチェックから出されているこちらの商品です。

大きな特徴としてはAmazon価格で1,200円とかなり安価だということです。

手軽に手を出せる価格ではあるものの、グリップや脚部分は滑りにくい素材で出来ているのでその機能性や安全性に問題はないでしょう。

とりあえずお試しで使ってみたいという方におすすめです。

おすすめのプッシュアップバー②NAKO プッシュアップバー

続いて紹介するのはAmazonのプッシュアップバーの売れ筋ランキングで1位を獲得した、こちらの商品です。

脚部分に吸盤がついていて、ふらつきによる怪我やフローリングを傷つける心配がありません。

その他にも耐荷重が300kg、グリップ部分が厚いスポンジになっており手を痛める心配もないなど、安全面に関しては申し分ありません。

分解式になっているので、持ち運びや収納にも困らないのでとてもおすすめです。

値段も2,100円と安価なのも嬉しいですよね。

おすすめのプッシュアップバー③Wolfyok プッシュアップバー 滑り止めラバー付き

3つ目に紹介するのはWolfyokから出されている滑り止めラバー付きのプッシュアップバーです。

脚の部分が従来のホイールタイプではなく、平らで接地面が大きいのでトレーニング中のふらつきとは無縁です。

そして、その接地面には滑り止めラバーがついているのでさらに安定性が向上。

グリップには5mmの厚みがあり弾力性も備えているので手首を痛める心配もありません。

おすすめのプッシュアップバー④Perfect Fitness パーフェクトプッシュアップエリート

最後に紹介するのはPerfect Fitnessのパーフェクトプッシュアップエリートです。

この商品の最大の特徴は接地面が回転式になっている点ですね。

持ち手が回転することで、筋肉の収縮を最大限に引き上げることが出来、トレーニングの効果を高めてくれます。

普通のプッシュアップバーに比べると少し値段は張りますが、本格的に鍛えたいという方にはおすすめの商品となっています。

おすすめのプッシュアップバーまとめ

プッシュアップバーは腕立ての効果をさらに高めたいという方に大変おすすめです。

ということで今回紹介したおすすめのプッシュアップバーを振り返ってみましょう。

  1. ボディテック(Bodytech) プッシュアップバー
  2. NAKO プッシュアップバー
  3. Wolfyok プッシュアップバー 滑り止めラバー付き
  4. Perfect Fitness パーフェクトプッシュアップエリート

プッシュアップバーはすべて同じように見えて微妙に違うので本記事で紹介した選び方を参考に自分にあったプッシュアップバーを購入しましょう!

当サイトで使用中のWordpress有料テーマです

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

筋トレとカラオケが趣味な22歳。
毎日21時に新記事を投稿しています。
このブログでは筋トレを中心とした雑記ブログです。

コメント

コメントする

目次
閉じる