ブログの最適な文字数はどれくらい?記事を書く時の目安にしよう!

女性

ブログの文字数はどれくらい書いたらいい?

男性

最適な文字数を知りたい!

今回はこのような悩みにお答えしていきます!

さつば

さつば(@satsuba_blog
ブログ歴2ヶ月の初心者ブロガー
ブログ開設から毎日更新継続中
初心者ながらこれまでに執筆した文字数は20万字以上
同じ初心者ブロガーに向けた記事を発信しています

ブログを書いているとふと気になるのが文字数ですよね。

チラっと確認して、

「あーまだ、こんだけか」って思ったり
「お、意外といってるな」と思ったり

たかが数字でここまで一喜一憂させてしまう文字数。

ではその文字数の最適な数ってどれくらいなんでしょうか?

✔︎この記事を読むことで分かること

・ブログの最適な文字数が分かります
・文字数を伸ばす上で必要な考え方が分かります

この記事を最後まで読んで頂けると質のいい記事を書くためのヒントが掴めますよ!

↓毎日更新をする必要性についても記事にしています

目次

ブログの最適な文字数は2,000〜4,000字

スマホをいじる女性

見出しにもある通り、ブログの最適な文字数は2,000〜4,000字です。

「やっぱりこれぐらい書かないといけないの?」

と思った方も

「あれ?こんなもんでいいの?」って思った方もいると思います。

私が考える最適な文字数が2,000〜4,000字であることについての根拠は次の項目でお話しします。

ブログの最適な文字数は多すぎても少なくすぎてもダメ

吹き出しがつく女性

多くもなく少なくもない最適な文字数というのが、2,000〜4,000字になります。

男性

少ないのはなんとなく分かるけど、なんで多いのはダメなの?

文字数が多すぎるのがダメな理由もちゃんとあるので、そちらも見てみましょう。

ブログの文字数が多すぎるのがダメな理由

男性とスマホ

ブログの文字数が多いのはダメだという話をしましたが、実はブログの文字数が多くなるには二つの理由があります。

そしてその片方の理由で文字数が多くなっている場合はなにも問題ありません。

✔︎文字数が多くなる理由
①必要な情報を網羅させようと、内容を濃くした結果、文字数が増加した
②不必要な表現や不必要な情報で、文字数を傘増しした

どっちがダメかは言うまでもありませんよね。

ブログというのは読まれるためにあります。

ということは、読み手ファーストで記事を書く必要があります。

しかし、文字数を傘増しした記事というのは読み手ファーストでしょうか?

むしろ書き手の都合を押し付けた書き手ファーストですよね。

そのような記事は離脱率が高くなったり記事の滞在時間にも影響するので、結果的にGoogleからの評価も下がってしまいます。

しかし前者の内容を濃くしようとした結果の文字数増加なら、むしろ離脱率の低下、記事の滞在時間も伸びるといったことが起きるので、Googleの評価も上がります。

文字数が多すぎるのがダメな理由として、記事が長いと途中で読むのに飽きたり、読むのが嫌になって離脱されるということが起きるためです。

しかし、しっかりと情報を網羅した記事であった場合は読者のニーズに寄り添っていることになるので、むしろプラスになります。

さつば

内容の薄い長い記事はNG内容の濃い長い記事はOKです!

ブログの文字数を増やすコツ

ポケットに手を突っ込む男性

だいたいどれくらいのボリュームで記事を書けばいいのかは分かったけど、そもそも2,000字も書けないよ!という方もいらっしゃると思います。

そこで記事の質を落とさず、記事のボリュームを増やすコツをお教えします。

✔︎記事のボリュームを増やすコツ
・記事のテーマから派生する読者の悩みを想像する
・自分の意見を挟む
さつば

読者にとって必要な情報のみ追加しましょう

記事のテーマから派生する読者の悩みを想像する

座っている男性

ブログを書くときには顕在ニーズと潜在ニーズを意識しましょう。

例えばこの記事は
ブログ 文字数 最適
というキーワードで書いています。

この関連キーワードから連想される読者の悩みは、ブログの最適な文字数はいくらぐらいなんだろうということですよね。

このようなニーズのことを顕在ニーズと呼びます。

良い記事というのはこの顕在ニーズを100%満たしてあげれている記事です。

しかし、さらに良い記事に仕上げようと思ったら、顕在ニーズとは別に潜在ニーズも満たしてあげる必要があります。

こちらもこの記事を例に挙げると
ブログ 文字数 最適
で検索した人の潜在ニーズは

・どうやったら文字数を増やすことが出来るのか
・文字数を増やすときに注意すべきこと

が考えられます。

要するに顕在ニーズとは別に、特に意識はしていなかったけど知っておきたい情報ということになります。

自分で意識していないため、検索ワードには現れませんが、顕在ニーズを読むことが出来れば潜在ニーズも見えてきます。

そして、本当に良い記事というのは顕在ニーズを100%満たしてあげた上で本人が意識していなかった潜在ニーズも満たしてあげられる記事です。

顕在ニーズとは

読者が一番知りたい情報

潜在ニーズとは

読者が意識していなかったが、潜在的に必要な情報

さつば

記事を書くキーワードが決まったら、それに派生した潜在ニーズを引き出せるように意識しましょう

自分の意見を挟む

話す女性

この広いネットの海で同じ様な記事はごまんとあります。

そんな似たような記事が多い中で独自性を与えるには、自分の言葉で自分の意見を挟むことが大事です。

自分の意見を挟むことで淡々と事実を述べる記事に対して差別化を図ることが出来ます。

吹き出しやボックスを使うことで記事のリズムも生まれて見やすい記事にもなります。

見やすい記事はサイトの滞在時間も増えるので装飾等は積極的に取り入れていきましょう。

さつば

こんな感じで小言を挟むのもいいですよ

まとめ

アップロード

今回はブログで最適な文字数について解説してきました。

それでは本記事の内容を振り返ってみましょう!

✔︎ブログで最適な文字数は2,000〜4,000字
・難しい言い回しや、無駄に付け足して増やした文字数はNG
・必要な情報を網羅させようとした結果自然と文字数が増えてくるのは理想的
✔︎文字数を増やすコツ
・潜在ニーズを満たせるように記事を付け加えていく
・記事に自分の意見を取り入れる

文字数には、「とりあえずこれだけ書いておけばいい」や
「最低でもこれぐらい書け」というようなテンプレはありません。

しかし読者のニーズに応えるために記事を書いていると、
自然と2,000~4,000字辺りに落ち着くのではないでしょうか?

さつば

結論、大事なのは顕在ニーズ、潜在ニーズそれぞれを網羅した読者ファーストの記事を書くことです

ブログを書く効率を高めたいという方はこちらの記事で記事のテンプレートを作ってみてはいかがですか?

当サイトで使用中のWordpress有料テーマです

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

筋トレとカラオケが趣味な22歳。
毎日21時に新記事を投稿しています。
このブログでは筋トレを中心とした雑記ブログです。

コメント

コメントする

目次
閉じる